コーポレートガバナンス体制


コーポレート・ガバナンス

当社は常に実効的なコーポレート・ガバナンスの実現に努め、主に次の観点から、その充実に継続的に取り組んでいます。

  1. 株主の権利を尊重し、平等性を確保する
  2. ステークホルダーの利益を尊重し、適切に協働する
  3. 会社情報を適切に開示し、透明性を確保する
  4. 取締役会による業務執行に対する監督機能を実効化する
  5. 中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行う

当社の取締役会は、取締役9名で構成され、経営の基本方針、法令で定められた事項及びその他経営に関する重要事項を決定するとともに、業務の執行を監督しております。取締役会は、社外取締役の独立性に関する基準を定めて、2名の独立社外取締役を選任しております。

当社は監査役会設置会社であり、監査役4名のうち2名を独立社外監査役として、監査役会の独立性と情報収集力のバランスをとり、実効的な監査を遂行する体制としております。

執行役員制度を導入することで、取締役と執行役員の機能を明確に分離し、意思決定と業務執行の迅速化及び取締役会の活性化を図っております。

取締役会の機能を補完するために、統合リスク管理委員会、コンプライアンス委員会を設置して、それぞれの目的を果たすべく活動を行っております。


コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

PAGE TOP